屋根が破損した原因を調べる方法

OL

屋根が破損した原因にはどのような事があるのか疑問に思ってはいませんか?

雨漏りの原因には外壁の破損や屋根の破損があるのですが、今回は屋根の破損の種類にはどのようなことがあり、どのようなことが原因で破損してしまうのかをご紹介いたします。

屋根の破損の種類と原因

屋根の破損の種類の主要的な症状には次のようなことがあります。

  • 屋根材の割れ・ひび
  • 屋根材が剥がれる
  • 瓦屋根の漆喰劣化
  • 瓦のずれ・割れ
  • 釘の浮き

屋根の破損にはこのようなことがあります。
では、どのようなことが原因でこのような破損が発生してしまうのかをひとつづつ詳しく見ていきましょう。

屋根材の割れ・ひびの原因

屋根材が割れてしまったり、ひび割れてしまう原因には次のようなことが挙げられます。

  • 経年劣化
  • 飛来物衝突
  • 再塗装をしていない

屋根材のひび割れや割れの原因はこのようなことが主な原因となります。

屋根材は、雨風・日光に常にさらされているため住宅の外壁で最も劣化が進みやすいという事ができます。このような劣化を防ぐためには定期的な点検や外壁再塗装をする必要があります。

また、屋根や外壁は、台風や強風の時に小石や飛来物が飛んできて衝突することがあります。このような場合は、外壁や屋根に穴が開いてしまったり、衝突した衝撃でひび割れが発生してしまうこともあります。

自然災害で起きた外壁や屋根トラブルは、火災保険を適用して修理することが可能になる可能性があります。

外壁や屋根の再塗装は基本的には10年に1度は行ったほうが良いとされていますが、再塗装をせず放置しておくと外壁や屋根塗料が剥がれていき、コーキングなども劣化し、最終的には屋根や外壁にひび割れが発生してしまう可能性もあります。

住宅の寿命を短くしないためにも、再塗装は重要だという事ができます。

屋根材が剥がれる原因

  • 強風
  • 経年劣化
  • 釘の浮き

屋根が剥がれる原因として主にこのようなことが挙げられます。

強風や台風の影響で、屋根が剥がれてしまうことがあります。強風などで屋根が剥がれてしまう場合は、すでに劣化が進んでいたという事もありますので、強風などで屋根が飛んでしまった場合には一度外壁全体の点検を受けることをおすすめします。

また、経年劣化で釘が浮いてきてしまうこともあります。屋根材は釘で固定されている場合が多く、釘があちこちで浮いてしまうと屋根材剥がれの原因となってしまいます。

また、夏場は屋根に直射日光が一日中当たることもあり、部材が高温になります。高温になったことで建築部材が若干膨張し、その結果釘が浮いてしまうといったこともあり得ますので、やはり数年に1度の定期的な点検が大切となります。

瓦屋根の漆喰劣化の原因

  • 経年劣化

瓦屋根の漆喰部分の劣化は、雨漏りの原因にもなる可能性があります。

日本瓦は耐久年数100年ともいわれていますが、漆喰は数十年に一度は修理や修繕が必要になります。また、瓦屋根は重量が重く自信にあまり強くないことから、最近ではあまり使われない建築部材(屋根材)となっています。

瓦のずれ・割れの原因

  • 経年劣化
  • 台風・飛来物衝突

瓦のずれ・割れの原因として、経年劣化や台風などでの飛来物衝突があります。

瓦は基本的に耐久年数が長い屋根材となっていますが、気候やそのほかの条件次第ではひび割れが起きてしまうこともあります。瓦のひびが入った部分から雨水が侵入してしまったり、最悪の場合雨漏りにもなる可能性があります。

台風などの強風で石や飛来物が衝突した場合にも、瓦は割れたりひびが入ってしまうことがあります。耐久年数は長いものの、瓦は素材が土器と同じですので、衝撃には弱くちょっとしたものが衝突しただけで割れてしまうことが多々あります。

瓦割れは雨漏りの原因にもなりますので、数年に1度は定期点検することをおすすします。

釘が浮いてしまう原因

  • 経年劣化
  • 屋根材の膨張

屋根の釘が浮いてしまう原因として、経年劣化や屋根材が膨張してしまい、その結果釘が浮いてしまうといったことがあります。

新築購入時から10年ほどメンテナンスしていない住宅は意外と釘が浮いてしまっっていることが多く、しかし屋根の上なので気づいていない方が多くいます。

屋根材は、夏になると高温になりますのでその結果膨張してしまい、膨張した分だけ釘が浮いてしまうといったことが起きます。経年劣化でも釘が浮いてしまうことが多いため、定期的な点検で釘を打ちなおしたりといったメンテナンスをすることをお勧めします。

また、釘を打った部分の周りがひび割れてきてしまい、雨漏りになってしまうといったことも可能性としてはありますので、釘を打った上からシーリング材などでカバーリングしてあげることで、釘を打ち終わった後の雨じまいがしっかと行うことができます。

屋根の破損の原因を調べる方法は、素人では難しいのですが、基本的な屋根の破損原因は今ご紹介した内容のものが多くなっています。

屋根や外壁の点検は、高所作業にもなり危険を伴いますので、専門業者に依頼し、定期点検をしてもらうようにしましょう。