あちこちから一斉に雨漏りするのはなぜ?

OL

住宅のあちこちから雨漏りが一斉に始まり、何が原因かわからず困ってはいませんか?

雨漏りは素人では何が原因か?どこから雨漏りしているのかを見分けるのが非常に困難なため、自分だけではトラブルが解決できない可能性が非常に高いのですが、今回はあちこちから雨漏りする原因についてご紹介します。

住宅内部の様々な部分から雨漏りが発生している

住宅のあちこちから一斉に雨漏りが発生する場合は、すでにかなりの外壁劣化や屋根劣化、窓枠、サッシ周りの劣化が進んでいるという事が想定できます。

一般的に雨漏の初期症状は、じわりじわりと少しづつ雨が漏れてくるのが特徴ですが、それを放置しておくと今回のようなあちこちから一斉に雨漏りするといったトラブルに発展してしまいます。

あちこちから雨漏りが一斉に発生してしまった場合に、一番最善策と言えることは専門業者に今すぐ点検や修繕依頼をし、修理することとなります。

様々な部分から雨漏りする原因として次のようなことが挙げられます。

  1. 特定の部分が激しく劣化している
  2. 全体的に劣化が進んでいる
  3. 外壁再塗装を行っていなく、外壁や屋根が傷んでいる

住宅の色々な部分から雨漏りしている場合は、主にこのようなことが原因という事ができます。

一つづつ詳しく見ていきましょう。

特定の部分が激しく劣化している

住宅の外壁や屋根の特定部分が激しく劣化している場合には、住宅のあちこちから雨漏りが一斉にする可能性があります。激しく劣化とは具体的に、1センチ以上のひび割れや屋根の剥がれやずれ、外壁に穴が開いているなどの劣化です。

屋根や外壁が激しく劣化していて、なぜ室内のあちこちから雨漏りするの?と疑問に思う方もいらっしゃるとおもいますが、実は外壁や屋根が劣化している部分のみにとどまらないのが雨漏りです。

雨漏りは、激しく劣化している部分から雨水が大量に侵入し、その後内部の建築資材をたどって住宅全体に雨水が回ってしまいます。その結果、住宅内部の隙間のありとあらゆる部分から雨漏りが発生するといった事態になってしまいます。

さらに悪化した症状でいえば、壁内部や天井裏に雨水がたまってしまい、住宅資材の腐食や雨がやんでいるのにも関わらず数日にわたって雨漏りするといったこともになる可能性があります。

外壁の場合、激しく劣化や損傷している部分は目視で確認することができますので現状で激しく雨漏りしている場合は一度ご自身で確認してみましょう。

また、屋根の劣化は屋根上に登らなければ目視で確認することができません。しかし、屋根は高所なのでご自身で点検するのにはかなりの危険が伴いますので、その場合には専門業者に任せることをおすすめします。

全体的に劣化が進んでいる

先ほどご紹介したように、ある特定の部分が激しく劣化している場合でも住宅のあちこちから雨漏りすることがありますが、住宅全体の外壁や屋根が劣化している場合もあちこちから雨漏りする原因となります。

外壁の目地が全体的に劣化していた場合や、屋根が全体的に劣化している場合は、それぞれ色々な部分から雨水が侵入してきますので、その雨水が住宅内部のあらゆるところに回ってしまい、その結果各所から雨漏りするといった状態になってしまいます。

外壁再塗装を行っていなく、外壁や屋根が傷んでいる

外壁再塗装を数十年間全く行っていない場合は、外壁や屋根の塗料が剥がれてしまい防水効果が全くない状態となっている可能性があります。外壁塗装は美観を保つだけに行われるわけではなく、本来の外壁塗装の目的は外壁材や屋根を雨や風、日光から守り劣化を防ぐために行います。

外壁塗装の本来の目的を知らない方も多く、必要性を感じないで放置している方も多いのですが、住宅の寿命を延ばすためにも雨漏りを発生させないためにも外壁再塗装は非常に重要な修繕という事ができます。

各所から雨漏りしている場合は、今すぐ修繕・点検を行いましょう

住宅のあちこちから雨漏りしている場合は、今すぐに専門業者に相談することをおすすめします。

雨漏りが住宅の各所で発生している場合は、必ず大きな原因がありすでに手遅れになってしまっている可能性もあります。手遅れになってしまうと屋根の全面交換や外壁の全面交換などリフォーム費用が多額になってしまう可能性もあります。

また、雨漏りは水が漏れる以外にも住宅内部の資材を腐食させたり、カビを発生させたりと住宅そのものの寿命を縮めてしまう原因にもなってしまいます。

雨漏りを軽視せず、少しでも雨漏りを発見した場合にはできるだけ早く専門業者での点検や修繕をおすすめ致します。