屋根の寿命を延ばすテクニック

356029

室内の壁のカビや窓枠の劣化など、目の届く範囲ならば劣化に気付けますが、屋根や外壁などの高所部分や普段あまり目にしない部分は劣化や寿命に気付きにくいものです。

素人の方にはと見分けることすら難しい屋根の劣化。そんな屋根の寿命を延ばすテクニックをご紹介します。

定期的な屋根点検や塗装で屋根の寿命を延ばす

大切な住宅の屋根の寿命を延ばすためには、定期的な点検と屋根塗装しかありません。

屋根というのは、常に直射日光や風、雨にさらされている部分となります。そのため、室内とは違い劣化も早くなってしまいます。一般住宅の場合は、屋根に塗料が塗られているのですが、この塗料の寿命は約8年から10年と言われています。

屋根塗装や外壁塗装を外見を美しくするための色塗りと思われている方が多くいますが、外壁や屋根塗装には綺麗にする以前に住宅の寿命を長持ちさせる目的があります。

外壁塗装や屋根塗装の本来の目的は、住宅部材を雨や日光、風や砂利などから守ることとなります。

ではどのように外壁や屋根の寿命を延ばすのかと言いますと、冒頭でも言いましたように、定期点検と再塗装の2つの方法で寿命を延ばす方法しかありません。

屋根の定期点検

屋根の定期点検はとても重要となります。あなたは最近住宅の屋根点検を行いましたか?

実は住宅の屋根というのは家の中で最も劣化しやすいと言っても過言ではなく、屋根が劣化すると雨漏りの原因にもなります。屋根の劣化として次のような症状があります。

ひび割れ・ずれ

屋根の劣化の一つとして、ひび割れや剥がれがあります。

屋根は常に雨で塗れたり、直射日光で高温になったりと温度差が激しい部分でもあります。そのため、ひび割れや塗料の剥がれが起きやすく、そのまま放置しておくと雨漏りとなります。

特に塗料の剥がれは、1部分が剥がれると次々と剥がれ落ちていくので、早めの点検を心掛けるようにしましょう。

屋根などの高所は非常に危険が多く、ご自分で点検をするにはリスクが高すぎるため、できれば業者やプロに依頼してお願いすることをおすすめします。

また、ひび割れや屋根材の破損も雨漏りの原因となります。

屋根から侵入した雨水は、天井材や柱や梁を伝ってあらゆるところに水が入り込んできます。そのようなことが起きると、住宅内部のカビはもちろん、柱や梁の劣化や腐食にもつながってしまい、リフォーム費用が高額になってしまいます。

このような事態に陥らないためにも、定期点検は住宅の屋根の寿命を延ばすために非常に大切なことです。

屋根の再塗装

屋根の再塗装も屋根の寿命を長くするためには非常に重要な修繕となります。

先ほども言いましたように、屋根は劣化が早い傾向にあるので、遅くとも10年に1度は塗り替えを行うことをおすすめします。現在すでに劣化している場合は、夏前までには塗り替えをすることをお勧めします。

直射日光が強烈な夏場は、外壁を傷める時期でもあるので、現在劣化している場合は夏にさらに劣化してしまう可能性があります。

屋根の定期点検で家全体の寿命が長くなる

屋根や外壁の定期点検をすることで家全体の寿命が長くなると言っても過言ではありません。

外壁や屋根は意外と軽視されがちですが、住宅を雨水や風、日光からまもっているのは外壁や屋根です。その部分が劣化してしまうと、雨漏りや湿気などのトラブルが起き、その結果住宅内部の木材や部材まで腐食したり劣化してしまう原因となります。

外壁や屋根の定期的な点検を心掛けていく事で、雨漏りやそのほかのトラブルを最小限にすることができ、住宅全体の寿命をながくすることが可能になります。

これまで全く点検していなかった方や、新築で住宅を建ててから10年以上メンテナンスをしていない方は、これを機に一度点検や修繕を行うことをお勧めします。

住宅・屋根の寿命を長持ちさせるには、定期的なこまめな点検や修繕が欠かせなくなっています。

338718