どんな時に無料で屋根が修理できるの?

OL

実は意外と知られていない事でもあるのですが、屋根は火災保険を使用して無料で修理できる可能性があります。
さらに屋根以外にも、雨樋・雨漏り・ベランダ・カーポートなども火災保険を利用して修繕できる可能性があります。

それでは、どのような場合に無料で屋根が修理できるのでしょうか。

無料で屋根を修繕するときの条件

日本人の多くの方が、なんとなく火災保険に加入していて、火災保険の使い道や魅力的な部分を知らない人が多くいます。せっかく火災保険を利用しているのですから、特性や魅力を知り、ご自分の住宅維持に存分に使用することをお勧めします。

また、保険を利用すると保険料が上がるんじゃないの?と疑問に思われる方も多いかと思いますが、実は火災保険は使用したからと言って保険料が上がることもありません。

そして火災保険を使用して、実質無料で屋根を修繕する場合にはいくつかの条件があります。

まずどのようなことが原因で屋根が破損したかが重要となります。具体的には以下の内容で屋根や外壁が破損した場合に、第三者機関が調査し、保険を適用の有無を決定いたします。

    • 突風
    • 強風
    • 台風
    • 豪雨

このような天災の場合は、火災保険適用になる可能性があります。

突風などで屋根が吹き飛ばされてしまったり、強風で飛来物が衝突し屋根や壁に穴などの破損がでてしまった時や、屋根材を止めている釘が飛び出てしまった時などです。

また、次のような天災でも保険が適用になる可能性があります。

  • 積雪
  • 落雪

このような天災で屋根に穴が開いてしまった場合や、破損が起きた場合には、火災保険適用の可能性があります。

火災保険が適用されない場合は?

火災保険が適用されない場合は、次の通りとなります。

  • 完全経年劣化

屋根や外壁などが、天災などの災害ではなく、完全に経年劣化(寿命)による破損などの場合は火災保険は適用になりません。とは言っても、経年劣化か風や雨によることが原因で破損したのかは、素人には判断がしにくい場合がほとんどとなります。

こういった場合には、一度保険屋さんに相談し、火災保険が適用になるか調査してもらうことをおすすめします。

火災保険が適用になるかならないかは、保険屋さんが決めるわけではなく、第三者機関が中立的な立場で調査し、経年劣化で破損したのか災害が原因で破損したのかを調査してくれます。

そもそも、屋根や外壁が100%経年劣化で破損してしまうことはほとんどありません。屋根や外壁の破損の主な原因は、天災である「雨・風・ひょう・強風・台風」などです。

火災保険に加入している場合は、ご自分で判断せずに一度保険会社に調査を依頼し、ご自身の住宅修繕を火災保険適用で行えるのかを調べてみるとよいでしょう。

絶対に火災保険が適用されない場合修理した箇所からまた雨漏りが始まった。

  • 新築当時から雨漏
  • 太陽光パネルを設置した際の破損
  • 増築後に屋根の不具合
  • このような場合は、火災保険が適用されません。新築当初から雨漏りしていた場合には、天災は全く関係ありませんし、太陽光パネルを設置して雨漏りした場合には太陽光パネルを設置した業者に非があります。

    また増築後中に業者が屋根を歩いて破損させてしまった場合なども、天災ではなく業者に非があるので火災保険は適用されません。

    余談となりますが、太陽光パネルを屋根に設置する住宅が増えていく中、それが原因で雨漏りをしてしまった住宅も少なからずあります。もし太陽光発電を取り付けるご予定がある場合は、業者に雨じまいはしっかりとして下さいと強く言うようにしましょう。

    火災保険が適用になるポイントは、あくまでも「天災」であることとなります。

    火災保険は天災で屋根や外壁、カーポートや雨どいなどが破損したときに、第三者機関に調査して頂き、調査が通れば晴れて「火災保険の適用」となります。

    火災保険と詐欺業者の混合に惑わされない

    火災保険を利用した屋根や外壁などの修理は、完全に合法で詐欺ではありません。

    しかし、インターネットの掲示板などでは誰もが自由に発言できるため誤ったことが書き込まれていることがあります。

    「屋根を無料で修理できる火災保険は詐欺業者のうたい文句」

    などといった書き込みなどをたまに目にしますが、これは詐欺業者と火災保険の区別がつかない方が投稿した誤りの発言です。実際に外壁塗装や屋根修理の業者には悪質な詐欺業者が存在します。

    言葉巧みに「無料で点検します」と言い、お願いすると屋根に上っていき、自ら破損させて「今すぐ治さないと大変です」と焦りを与えてきます。

    このような業者を悪徳詐欺業者と言うのですが、火災保険は詐欺とは全く異なります。

    火災保険は完全に合法で、自らが保険会社に火災保険の適用調査をしてほしいと話をもちかけ、保険やが第三者機関に調査を依頼するといった安心できる仕組みになっています。

    これまで火災保険の魅力的な部分を知らなかった方も、これを機に、現在のご自身の住宅は火災保険適用で修繕できるのか?を調査してもらうとよいでしょう。