少しの雨で雨漏りするワケ

101926

雨が強烈に降っていないにも関わらず、少量の雨で雨漏りしてしまい何が原因かわからず困ってはいませんか?

実は少しの雨で雨漏りするには‘‘ワケ‘‘があります。今回は、少しの雨で雨漏りする原因をご紹介します。

屋根の損傷・劣化

まず少量の雨で雨漏りする原因に、屋根の劣化や損傷が挙げられます。屋根は常に直射日光や風、雨にさらされている部分ですので、他部分と比べても劣化が進みやすくなっています。

主な屋根の損傷や劣化として次のようなことが挙げられます。

瓦のずれ 瓦の割れ

瓦がずれていると、瓦と瓦の隙間から雨が侵入してしまいます。目地や漆喰部分の劣化も、雨漏りの原因となってしまうので、屋根の定期点検を怠ると雨漏りや腐食といった思わぬ事態に発展してしまうこととなります。

屋上の防水層の損傷

ビルやアパートなどの屋根は、平面になっていることが多く、雨水がたまりやすい状態となっています。しかし、通常であれば防水シートや防水塗装が施されているので雨水がたまっても問題ないのですが、防水シートや防水塗装が劣化してきていると、溜まった雨水がジワリジワリと浸透してしまいます。

その結果、防水シートや防水塗料の隙間に水が入ってしまい、少ない雨で雨漏りする原因となってしまいます。

外壁の経年劣化

屋根同様に外壁も劣化の早い部分となります。一般的な外壁住宅の場合は、数年に1度の定期点検を行い、少なくとも十年に1度は塗り替えが必要になります。

外壁の劣化が原因の雨漏りを見ていきましょう。

外壁にクラック(ひび割れ)がある

外壁にひび割れがある場合は、できるだけ早く対処しなければどんどん雨漏りが増していってしまいます。また、外壁にひび割れがあり、そこから水が浸入することで内部材の腐食や劣化にもつながってしまいます。

少しのひび割れだと思って軽く見ていると、後々修理するときに大きな出費となってしまう可能性があるので、早い段階での修繕をおすすめします。

目地に隙間やひび割れがある

外壁と外壁をつなぎ合わせている部分に隙間があると、そこから雨が内部に侵入してしまいます。通常であればコーキングといった防水用の目地が打たれているのですが、そのコーキングは数年で劣化してしまいます。

ゴム質のような素材なので、直射日光に何年も当たっているとひび割れが生じ、そこから雨水が入ってきてしまいます。外壁塗装は10年に1度と言われていますが、意外と目地の方が劣化が早いので定期的な点検が必要となります。

ベランダ・バルコニー

ベランダやバルコニーからの雨漏り被害はとても多くなっています。ベランダやバルコニーは見落としが多い部分でもあり、素人ではそこから雨漏りしているのだと見破ることは難しくなっています。

ベランダやバルコニーの雨漏りの原因として次のようなことがあります。

防水塗料がはがれてきている

ベランダは常に雨が風が当たる外部ですので、床面や床面からの立ち上がり数十センチに防水塗料が塗られています。

しかし、この防水塗料が劣化してしまったり、ひび割れが入ってしまうと徐々に雨水が浸透していき、その後防水塗料はどんどんと劣化していってしまいます。また、ベランダは排水溝がゴミや落ち葉などで詰まりやすく、雨水がたまってしまいそのまま放置してしまう方もいますが、ベランダに雨水をためたままにしておくと、防水塗料の劣化が早まってしまうので、ベランダ掃除はこまめに行うようにしましょう。

排水に問題がある

ベランダの排水溝周りの防水処理に不具合がある場合でも、少量の雨で雨漏りすることがあります。外壁塗装をする際は、ベランダの雨じまいも同時に見てもらうとよいでしょう。

雨どいやサッシ周りの劣化

雨どいやサッシ周りも、コーキング(シーリング材)が打たれています。これが劣化すると少量の雨でも風が強いと雨が回って入ってきてしまいます。

またサッシの窓枠の周りに取り付けられているゴムパッキンの劣化も雨漏りの原因となるので注意しましょう。窓周りは結露が多くなる部分でもあり、そこからゴムパッキンにカビが発生し劣化を速めてしまう部分でもあるので、結露をこまめに拭くことも1つの予防法という事ができます。

少量の雨漏りや水シミを放置しておくと大変なことになる・・・

少しくらいの雨漏りや水シミは放置しておいても大丈夫。と思いがちですが、実は放置しておくと大事態となる可能性があります。

みなさんもご存知かと思いますが、「シロアリ」は住宅を蝕む害虫です。実はこのシロアリはジメジメと湿った部分を非常に好んでいて、水分を含んだ木材が大好物となります。

少しずつ雨漏りしている部分の周りの木材は、水分を吸っているのでシロアリにとっては絶好の食事ポイントとなってしまいます。少量の雨漏りを軽く見ずにしっかりと対処することでそれ以上のトラブルを回避することが可能になります。