足場の種類や基準

プリント

外壁塗装や外壁リフォームなど、住宅や建物の工事を行う際に欠かせないのが「足場」となります。

足場と一概に言いましても、実は足場といった大きなひとくくりの中に様々な種類があります。足場の種類や基準、どんなときにどのような足場が使用されるのかをご紹介いたします。

足場の種類

足場の種類には次のような種類があります。

くさび式足場

使 われる鉄パイプ部材(足場材)には凹凸がついており、鉄パイプの凹と鉄パイプ凸を組み合わせて足場を組み立てていく工法となります。このくさび式足場は、 一般住宅や店舗などの低中層建築物に適しており、一般的な足場よりも組み立てや解体が比較的簡単となっており、人件費や作業時間の短縮を図れることから、 最近では多くの建築現場で使われている工法となります。

単管足場

単管を組み合わせて組み立てていく工法で、中高層建築物の足場として多く使われています。枠組み足場も比較的短時間での施工が可能ですが、くさび式足場よりコストがかかるため、費用が割高になることがあります。

単管足場のメリットとしては、狭い敷地や土地でも足場を組むことが可能なため、比較的どのような場所にも足場を組み立てることができます。

吊り足場

足場を地面から組み立てるのではなく、橋や鉄骨柱から吊るして足場を組む方法となります。例えば、作業場所の下が川だった場合、橋から足場材をつりさげ、空中に足場を作るといった工法となります。

吊り足場は非常に危険が伴うため、足場組み立て作業主責任者といった有資格者を置く必要があります。

移動式ローリングタワー

足 場の下にキャスターがついていて、ロックを解除すると人が押すだけで簡単に移動させることのできる移動式足場となります。この移動式ローリングタワーは外 部で使われることは少なく、主に内装工事の天井下地や高い位置の壁組み立て作業などに使われることが多くなっています。

先行足場

足場組立時や解体時に先行して手摺を取り付ける工法となっています。足場の外側を手摺でぐるっと囲むため、安全性が高く転落などの労働災害を防ぐことができます。

その反面、手摺があることにより、行動範囲が狭くなってしまうため、足場上での作業効率が悪くなってしまうデメリットもあります。

張り出し足場

建物と建物が非常に隣接している場合や、道路と建物が隣接し、足場を組むスペースが非常に狭い場合に率いられる工法となります。手を加える建物に張り出し材を使用し、その上に足場を設置して組み立てていきます。

地上に直接組むわけではなく、建物を軸に足場を組み立てていくので、アンカーボルトや張り出し材を設置する箇所の強度が非常に重要となります。

簡易脚立足場

脚立を2つ用意し、足場板を脚立と脚立の間に通し、足場を作る方法となります。この脚立足場は比較的低い位置の工事をする際に率いられる方法となります。

また脚立と足場だけで組み立てるので、非常に不安定になりがちとなります。この脚立足場で作業をする際は、ゴムバンドなどで足場と脚立を固定し、安全性を高める必要があります。

足場の基準

足場を組み立てる際には細かい基準もあります。足場の最大重量や補強筋交いの設置など、簡単に組み立てているように見えて、細かい基準が多く存在します。

この基準がしっかりと守られていないと、足場の崩壊や転落事故などの労働災害が起きてしまう恐れがあります。

足場を率いたリフォームや修繕は、高いところでの作業となるため、しっかりと基準を満たした足場でなければ、命を落とす恐れさえあります。

足場は非常に便利な建築工法となりますが、その反面危険も大きくともなうため専門的な知識が必要となります。