リフォームの保証ってわかってますか?

245685

家族構成が変わったり、間取りの使い勝手の悪い部屋だったり住んでいると、増築リフォームを考えることがあります。しかし単純に部屋を増やせばいいと思われがちな増築リフォームも、後々後悔するような事例が起きやすいので注意が必要です。

今回はリフォームの保障について見ていきましょう。

リフォームの保証と瑕疵(かし)の違い

リフォームの保証については法律的に定められたものはありませんが、法の後押しがないと怖い場合も多々あります。例えば欠陥工事や手抜き住宅など明らかに求めたものと違う ものができてしまった場合、後ろ盾がないと泣き寝入りしてしまうこともあります。

そういう時は、保証ではなく、瑕疵として業者を民法上訴えることができます。 瑕疵担保責任は、不具合が明らかな故意によるもので、契約に定めた通りにできていない場合、社会常識として普通の人が期待する品質、性能が携わっていない場合に業者が負う責任のことです。菓子かどうかの判断は素人では難しいので法律の専門家に相談し、追及 してもらうことが非常に重要です。

修補義務目的物に瑕疵があった場合、注文者には修補請求権があります。
損害賠償: 注文者は補修の代わりに損害賠償を請求することができます。
契約解除: 目的物の瑕疵が重大で注文者は発注した目的を達成できないときは契約解除をすることができます。

リフォームの保証

行われたリフォームで瑕疵ではなく、偶発的に何かが起こってしまった場合を想定して業 者は保証契約というのを事前に注文者と結んでいることがほとんどです。この保証は不具合を無償補修するというもので、アフターサービスともいわれています。その保証期間は業者により異なるもので、内容もまた業者によって変わってきます。

壁紙の張替えの保証

壁紙の張替の保証では壁紙がはがれてきたり、変形してしまったり、もともと破損していたりする場合に受けられる再修復の保証です。 注文者が工事完了後傷をつけたり、汚してしまったりした場合は対象になりませんが、施工当時の何かが原因で問題が発生した場合は無料で保証サービスを受けることができます。保証期間は、多くの業者で1年程度です。

床の張替えの保証

壁紙同様、床材がはがれてしまったり、それてしまったり、変形してしまったりした場合 に受けられる再修復の保証です。注文者が原因で床が傷ついてしまった場合は保証の対象にはなりませんが、湿気が多くて 床材がそれてしまったなどであれば対応してくれます。 保証期間は、多くの業者で1年程度です。

キッチン、お風呂、トイレなどのリフォームの保証

大がかりなリフォームを行うような場合でも業者では保証を設けているところがほとんど です。 配管がうまく行えておらず起きる接続不良や作動不良、スイッチやコンセントの動作不良、材料の変形や、変質、扉の開閉不具合などが対象です。 配管詰まりや電池電球の寿命による消耗は対象とならないので注意が必要です。 保証期間は1年から5年で設けているところがほとんどです。

シロアリ・害虫予防や駆除の保証

リフォームと合わせて行われることが多いのがシロアリ・害虫駆除、予防です。業者や使用薬剤によって設定している内容は多少異なってきますが、駆除や予防を行ったにもかか わらずまたシロアリが発生してしまうような場合は再度作業を行ってくれます。

リフォームの保証はメーカーか業者か

リフォームの保証の場合でしっかりと考慮しておかなくてはならないのが、その保証がメーカー保証になるのか業者保障になるのかということです。 リフォーム業者と一言にいっても、工事をメインにやっているところもあればキッチンやトイレのメーカーが直接工事を行っているところもあります。キッチンやトイレ、お風呂などの買い付けてきたものの不具合であればメーカー毎に保証期間が違っていたり、直接そのメーカーに補償を依頼したりしなくてはならないことがあります。

リフォーム専門業者であればそういった内容であっても、一貫して作業をしてくれるところもありますが、契約を交わす際に保証についてもどうなっているのかしっかりと事前に確認しておくことが重要です。

リフォームの保証サービスも含めてリフォームを依頼することリフォームを依頼する際についつい工事内容ばかりに注目して業者を探してしまいますが、アフターサービスが充実しているというポイントも消費者にとっては重要な業者選びのポ イントになります。

明らかな瑕疵であれば法律でも対応してくれますが、法律が絡んでも悪質な業者であれば泣き寝入りせざるを得ないこともあります。 そんなことにならないためにも、アフターサービスにもしっかりと重点を置き、どんな場合でも迅速かつ丁寧に対応してくれるリフォーム会社を選び、事前にしっかり保証サービスについても確認して契約を交わしていくことが重要です。