地震保険と火災保険の違い

245685

住宅を購入するとき、住宅を借りる時など必ず家の何らかの契約を行うときに加入するのが住宅保険です。住宅保険には様々なタイプのものがありますが、その中でも最もよく知られているのが火災保険と地震保険です。

今回はこのふたつの保険の違いについて解説します。

地震保険と火災保険について

火災保険について

火災保険は建物や建物内の家財用具、設備などが火災や風水害にあったときに、損害を補填する保険です。火災保険には住宅火災保険と普通火災保険、住宅総合保険、団地保険、店舗総合保険などそれぞれの用途に合わせた保険があります。

一般的によく知られている住宅火災保険や普通火災保険の対象となる災害には火災、落雷、爆発、台風、風雹雪災害などによる損害補償が含まれています。 またもう少し広い範囲まで保険を適用したいという人に人気なのが住宅総合保険で、外部からの落下や衝突、給排水設備事故による水漏れ、盗難、水災などもカ バーできます。

火災保険には火災や水災なども保証されていますが、この火災や水災が地震や噴火に起因するものは補償の対象となっておらず、地震や噴火によって発生した火災や水災の被害時には何の補償もありません。

地震保険について

地 震保険は地震・噴火・津波を原因とする火災や損壊、埋没、流出による損害を補償する保険です。つまり、地震専用の災害保険で、地震が関係しない災害につい ては補償してくれない保険になります。地震が起因の火災や水災は、例えば地震発生後半日程度たってから延焼に巻き込まれたとしても火災保険では補償されません。

直接、地震の被害でなかったとしても地震が原因の火災や水災の被害は地震保険でしか補てんできないということで す。 地震火災と火災保険は常にセットで一つとして扱われることが多い保険です。

と いうのも、地震保険は単体で加入することができず、火災保険に付帯される形でオプションとして加 入しなくてはならないからです。 火災保険に入っている人の多くが勘違いしてしまうポイントがここで、火災保険に入っているから地震も安心と思っている人がほとんどです。東日本大震災の際 もそうでしたが、火災保険には入っていてもオプションの地震保険に入っていない人が多く、保険会社から の保証がもらえなかった人も多々います。

あくまで地震保険は火災保険のオプションなので、火災保険に入っても地震保険を付けないという選択も可能です。基本的に地震保険を含めた火災保険を販売しているところはな いので、しっかりと地震の際のことも考えて加入することが大事になります。

火災保険と地震保険をセットで入る理由

なぜ地震保険は単体で加入することができず、必ず火災保険とセットで加入しなくてはいけないのでしょうか。 地震は防ぐことのできない災害で、保険会社にとってもリスクの大きな保険になります。

そのため本来であれば保険会社は好んで地震保険を設けたがりません。しかし、それでは何かがあったときに被災にあった人たちを救うことができないというので、政府が再保険によって責任を分担しています。

このため火災保険を申し込むともれなく地震保険もセットでついてきますよというものですが、それでも不要だと思う人はこの地震保険は不要という欄にチェックすることができ、自分の意思で地震保険を外すことができるようになっています。

保険会社によっては単独で地震保険を販売しているところもありますが、これは政府が関与している一般的な地震保険とは違い、少額短期保険商品と言われるもので補償される内容が極めて限られたものになります。

火災保険と地震保険は2つで一つ

近年、日本国内では地震の被害も大きくなっていて、予測不可能な災害だからこそ地震に 対する関心はどんどん深まっています。 ただ火災保険や地震保険などに関しては加入していると思っている人も多く、実際に被害にあった後に補償の対象となっていないということに気付く人も多いようです。

東日本大震災以降地震保険への加入率も増えましたが、保険は入っていれば何でもかんでも適用されるというわけではありません。また、火災保険に 入っていれば地震保険は入らなくても大丈夫と考えている人もいるようですが、火災保険と地震保険はカバーしきれる内容が異なるため同じで扱いにはなりません。

火災保険、地震保険ともに加入している保険会社によって補償の内容は若干異なりますが、 十分な補償を受けるためにもしっかり考えて加入することが非常に大事になります。