和室から洋室へのリフォーム費用・相場

部屋切り替え

リフォームの中でも多いのが、和室から洋室へのリフォームです。近年の居住環境の欧米化に伴い、和室での生活ではなく洋室への生活が定番化してきたこともあり、年々その需要は増えています。

和室から洋室へのリフォームにはどういった工事が発生するのか、また自分が行いたいリフォームがどういったものなのかを明確にすることから考えていきましょう。

和室から洋室へリフォームする際の種類

畳をフローリングにするリフォーム

畳をフローリングに変更するリフォームの費用で多いのは、8畳の部屋で20万から30万円です。 和室を洋室に変更したいと考える際に一番多いのが、畳をフローリングにするリフォームです。

素人であれば、ただ畳をはがしてフローリング板を引けばいいと考えますが、実は作業はそんなに単純なものではありません。 和室と洋室では基本的に家の構造が違うため、畳をはがしたところにフローリング板を張ることができないようになっています。畳構造の家では畳をはがすと薄い板が敷いてあるのがわかります。

その板を支えている下の柱はものすごく広い感覚で設計されているので、フローリングに変える場合はこの土台部分を補強することが必要になります。さらに、畳には厚さがありその暑さ分を考慮して和室は床面が低く作られています。この段差を減らすために床に厚みのあるべニアなどを張ってからフローリングを張っていくようになります。

引き戸を押戸に変えるリフォーム

引き戸を押戸に変えるリフォームの費用で多いのは、10万から20万円です。 和室を洋室に変更するリフォームで、ドアも変えてしまう場合金額が高額になってしまうことがあります。

和室のドアは引き戸のものがほとんどで、洋室のドアよりも高さが低く作られています。

現在の押戸でこの和室の高さに対応できるドアはほとんどなく、この高さをキープしようとすると特注品になってしまうことがほとんどです。
また一般的な洋式の押戸に変更する場合、ドアの上の部分の壁などを削って高さを確保することが必要になります。 どちらの工事にしてもそれなりに費用が発生してしまうようになります。

壁を張り替えるリフォーム

壁を張り替えるリフォームの費用の目安としては10万円から20万円が主流です。 和室で最も多い壁の構造は壁の表面が凸凹としたつくりの壁であったり、砂壁だったりするものです。

どちらの場合も洋室のクロスを張るのには適しておらず、壁を一度塗装加工して、表面を平らにする工事が必要になります。 その後、クロスを張ったり壁板をはったりという工事が発生するようになります。

天井・照明のリフォーム

天井や照明のリフォームの費用の目安としては 10 万円から 20 万円が多くなっています。 和室の部屋の天井は、和の空間が生えるようにと目透かし天井になっているものがほとんどです。このため直接クロスを張り替えることができません。

べニア板などを張って覆ってしまうか、天井そのものを撤去して作り替える必要があります。

また、照明も部屋の印象を大きく変えるポイントです。ほとんどの和室の照明であれば天井からぶら下がったタイプのものですが、天井に埋め込み式の照明の場合は天井の工事と合わせて電気工事が必要になることがあります。

押入れからクローゼットへのリフォーム

押入れをクローゼットへ変更するリフォームでは、一間の押し入れの場合で15万円から25万円が主流です。中が真っ暗で奥がなかなか見づらい押入れは、最近ではほとんど人気がなくクローゼットへのリフォームは非常に需要が多くなっています。

クローゼットにする場合は、建具からの工事が必要になり、またどういったクローゼット にするのかによっても金額が異なってきます。 クローゼットはさらに湿気がたまりやすいこともあるので、使用される建材も調湿建材な どに代わってきます。

中が見やすいように照明をつけるとさらに電気工事も発生するので、どういったクローゼ ットがいいのかをしっかり考えることが大事になります。

まとめ

和室を洋室へリフォームする場合は構造から変えることが多い和室を洋室へリフォームする場合、その多くが建物の作りが違うために基礎から変更しなくてはならないことがほとんどです。

どういったリフォームを行いたいのかをしっかり考えたうえで、必要な工事の費用目安を把握することはすごく重要なことです。 今回ご紹介した内容がすべてではありませんが、リフォーム時の参考としてしっかり考え ていただければと思います。