トイレのリフォームや保険適用

プリント

和式のトイレから洋式のトイレにリフォームを検討している、備え付けのウォシュレットや給排水管から水漏れが起こっている、床材が汚れてきたのでCFの張り替えを検討している。

今回はトイレのリフォームを考えている貴方に、そのリフォームに関して解説いたします。

トイレリフォームについて

トイレリフォームは保険で見られる部分もある!

トイレは給排水設備になるので補償内容の水濡れ箇所に該当する箇所になります。30万程~50万程掛かる費用負担を軽減させる為、適用事例にそっていれば火災保険をしっかりご利用されるのが節約の知恵となることでしょう。

狭い空間のうえ、水回りということもあり頻繁にリフォームをされる方も結構いる場所でもあります。飛び散った尿や手を洗った際に落ちる水滴などが蓄積され無垢の床材などですと数年で黒住ができてしまった!このような経験をお持ちの方も多くいるのではないでしょうか。

トイレ掃除は旦那様の仕事。そんなご家庭も多くあると思います。しかし体格の大きい男性にとってはトイレの狭い空間を細かく掃除をするのはかなりネックな事。手の行き届かないところから日に日に黒住が出来てしまうなんてこともあります。

トイレリフォームで考えること

トイレのリフォームで考えるのは、安全、快適、清掃の三つと言われております。

手すりの設置でしたり、便座や膝から壁までの距離感など注意点となります。また狭い空間での水回りということもあり、かなり湿度の高い空間となりますので壁材などを工夫すると長い間気持ちよく利用する事が出来る事でしょう。

ご家庭のトイレに点数をつけるとすると何点になりますか?

リフォームをご検討の際は、もしかしたら保険でみれる部分もあるのかな?とお考えになって頂ければと思います。給排水設備関連の補償適用は中々一般の方にはわかりにくいものなのです。長年の経験と実績が結果に表れる箇所といっても過言ではないでしょう。