リフォームをする時期

245685

リフォームをする時期についてご紹介いたします。

ここでいうリフォームとは新しいものに変えることだけではなく、修繕・補修・点検も含まれます。大切な住宅を長持ちさせるためには、しっかりとしたメンテナンスが必要不可欠となります。

住宅には外壁・内装・水回り・火を扱うところとあるのですが、それぞれリフォームの時期や点検の時期などをご紹介していきます。

各所 補修や点検の時期は?

住宅の各所別に点検の時期やリフォームの時期をご紹介いたします。

外壁のリフォーム時期

これは皆さんもご存知、リフォームの定番ともいわれている工事ですね。外壁塗装の時期の目安として、新築後から約10年と言われています。外壁塗装は住宅の外壁素材を保護する役割をしているので非常に重要となります。

外壁塗装を放置していると、見た目はもちろん劣化しさらには雨漏りやカビ・湿気などのトラブルにもつながります。このようなことを避けるためにも、約10年に一度は外壁点検してもらい、外壁塗装が必要であれば再塗装を心がけるようにしたいところです。

外壁は塗装以外にも、サイディング外壁であればサッシ(窓の枠)回りや外壁の目地部分に打ってあるシーリングの点検も必要となります。シーリングが劣化することで、サッシ回りからも水の侵入や雨漏りにもつながることがあります。

モルタル系の外壁の場合はクラック(ひび割れ)等の点検が必要となります。ひび割れも放置していますとひびが広がってしまったり、ひび割れが拡大し外壁の落下も考えられます。

このようなことを防ぐには、早い段階(5年から7年)に1度は点検し、修繕やリフォームをしていくことで住宅の寿命を長くさせることが可能になります。

室内(水回り)リフォームの時期

室内の水回りはキッチン・トイレ・洗面台・浴室があります。これらの水回りの使用頻度はかなり高く、毎日使用するところですので劣化もその分早くなるということができます。

水回りの各所点検時期としては、7年から10年に一度は心がけたいところです。水回りには各所ゴムパッキンなどが使用されているのですが、ゴムパッキンなどの劣化で水漏れが発生することもありますので水回りの点検は必ず行いましょう。

心配であれば5年に1度ほど点検しても良いと思います。

また、お風呂はどんなにキレイに使用しても15年から20年ほど経過するとカビやシャワーホースの劣化などが目立ってくる場所となります。

壁紙や床のリフォーム時期

住宅の印象を決めるともいえる壁紙。壁紙の張り替え時期の目安は約10年から15年ほどとなります。壁紙はなかなか劣化することはないのですが、壁にものをぶつけてしまったり、タバコを吸っていたり、料理をしているとどうしても黄ばみや汚れが気にってしまいます。

そういったことを考えると約10年から15年に一度はクロスの張り替えやクロスのクリーニングをした方が住宅内部の清潔感を保つことができます。

住宅の床のリフォーム時期目安は約15年から20年となります。床の素材にもよりますが、一般的に多く使われるフローリングの場合になります。

住宅の床は湿気や熱などで浮いてしまうことがあり、特に長年使用している床は各所で浮きが目立ってきます。症状としては、床のきしみや床の沈み等が現れます。

重 量のある家具(食器棚や冷蔵庫)の下の床は、特にしっかり点検しておく必要があります。万が一床が劣化し、底が抜けてしまった場合には非常に危険な事態と なります。ご自分で点検することは難しいと思いますので、約15年から20年ほど経過した場合は一度専門業者に点検を依頼したいところです。

キッチンのリフォーム時期

キッ チンの点検時期として約10年に1度は必ず行っておきたいところです。最近ではIHのシステムキッチンが導入されることが多くなっていますが、数年から数 十年前に建てられた家はガスが多いのではないでしょうか?ガスの場合、火を扱う部分になりますのでガス周りの点検は怠らずにするように心がけたいですね。

キッチンが古くなってしまった場合は、迷わずリフォームをおすすめします。最近のキッチンは優れたものが多く、以前のキッチンより火災が起きずらい造りとなっているので安全面のパフォーマンスも向上できます。

リフォームの時期 まとめ

リフォームの時期は各所によって若干の異なりはありますが、平均的にどの部分も約10年に1度は点検することを心がければ大切な住宅を維持することが可能になります。

また約10年に1度点検し、必要であれば補修やリフォームを行うことで住宅に新たな価値を足すことができます。住宅は細かなメンテナンスや修繕を行うことで寿命がかなり違ってきます。

全くメンテナンスしない住宅と、メンテナンスを心がけていた住宅では10年もすれば歴然とする違いとなります。

大切な住宅を維持するためにも、点検・修繕・リフォームはしっかりと行うことを心がけたいですね。