洗面所リフォームの費用・相場

249896

洗面所のリフォームと言えば、洗面台と洗面所と2つに分けることができます。

それぞれリフォームするにあたり、どのようなリフォームの種類があり、どれほどの費用でリフォームをできるのかをご紹介いたします。

洗面台のリフォーム費用・相場

洗面台が古くなってしまったり、壊れてしまったり、家族が増えたことにより収納が狭く感じてきてしまった経験はありませんか?このような場合に活用できるのが洗面台のリフォームです。

洗面台の種類は数多くあり、シンプルな1面鏡タイプのものから3面鏡、モザイクタイルを使用したデザインタイプの洗面台などがあります。洗面台の価格は種類やデザインによって相場が異なるのですが、安いものから高いものまでピンからキリまでとなっています。

洗面台参考相場

洗面台の参考相場はこのようになります。

2万5千円~20万円

シンプルなもので約2万5千円程度から購入が可能となっています。デザイン性のある高いものでも、約20万円程度となっています。

この価格は、洗面台の本体代金となりますのでこのほかに取り付け工賃と現在取り付けられている洗面台を処分する場合は処分費がかかります。

取り付け工賃と処分費用相場

取り付け工賃の相場は業者や料金形態により異なりますが、一般的な取り付け工賃の相場は下記料金となります。

2万円~3万5千円

そのほかの古い洗面台を処分する場合も大きさや業者により料金はことなりますが、下記料金が相場となります。

5千円~1万円

洗面台のリフォームは、収納を増やしたり、髪形を整える際に便利な3面鏡にしたり、モザイクタイルを使用している洗面台を使用し、洗面所を華やかにしたりと、現在の洗面台の不便なところを改善し暮らしやすい生活を実現することができます。

続いては洗面所のリフォームについてご紹介いたします。

洗面所のリフォーム費用相場

洗面所の一般的なリフォームは、床と壁紙となります。そのほかにも中規模なリフォームとして洗面所を大きくするリフォームもあります。ここでは床や壁紙のリフォームについてご紹介いたします。

洗面所の壁紙リフォーム

洗面所はお風呂と隣り合わせでの設計が多くなっていることから、湿度が高く湿気で壁紙にカビが生えてしまったり、結露がついてしまったりすることが多くなります。
古くなってしまった壁紙やカビの生えてしまった壁紙を新たに一新できるのが壁紙リフォームとなります。

壁紙リフォームの相場はこのようになっています。

3万5千円~4万5千円(3帖~5帖)

各業者の料金形態やどのような種類のクロス(壁紙)を貼るかによって相場は異なりますが、一般的なベーシックな壁紙の場合はこの程度の価格となります。

最近では、洗面所やトイレなどに最適な抗菌で湿気や結露にも強いタイプのクロス(壁紙)も登場しています。このような壁紙を使うことで、カビや結露による壁紙の痛みを軽減することができ、壁紙を長持ちさせることが可能になります。

洗面所の床リフォーム

洗 面所の床は一般住宅の多くはクッションフロアで作られている場合が多くなります。クッションフロアとはリビングのフローリング(木素材)とは異なり、柔ら かいゴムマットのような素材となります。また、洗面所の床の場合は、クッションフロアやフロアタイルが使用されることが多くなっています。(フローリング の床もあります)

フロアタイルはクッションフロアよりも固い素材でできた床となります。ここでは、クッションフロアとフロアタイルとフローリングで洗面所をリフォームした際の相場をご紹介します。

洗面所の床リフォーム費用相場

クッションフロア

4万円~5万5千円(3帖から5帖)

フロアタイル

4万5千円~6万円(3帖から5帖)

フローリング

5万円~8万円(3帖から5帖)

洗面所と脱衣所が併設されている住宅が多く、長年住んでいるとどうしても洗面所の床や脱衣所の床にカビなどが生えてしまうので、床が傷んで来たらリフォームも検討してみるといいです。

洗面所リフォーム まとめ

洗面所のリフォームは、洗面台や壁紙や床をセットでリフォームしてしまった方がセット割引などで安くリフォームできる場合が多くなっています。(各業者等の料金形態による)

洗面台や洗面所は毎日使用する生活に欠かせない空間となりますので、「そろそろ古くなってきたかな?」と思った際は、ぜひ新築のようにキレイによみがえらせることのできる洗面所リフォームを検討してみてください。