外壁リフォームの費用・相場

プリント

外壁リフォームには大きく分けて「外壁塗装」と「外壁張り替え」の2つの方法があります。

この2つの方法が主な外壁リフォームとなりますが、基本的には外壁塗装でのリフォームが多くなっています。外壁塗装と外壁の張り替えの費用や相場、特徴などをご紹介していきます。

外壁リフォーム

外壁塗装でのリフォーム

一般的に多く適用されるリフォーム方法が外壁塗装となります。現在塗られている塗料の上から新たな塗料を塗りなおしていくリフォーム方法となります。

外壁リフォーム(塗装)をすることで得られるメリットはこのようになってます。

  1. 外壁材の劣化を防ぐ
  2. 劣化箇所の補修
  3. 雨風から外壁を保護する

外壁塗装をすることにより、外壁材を保護し現在劣化してしまっているところを補修し、雨風から外壁材を保護することが可能になります。

では、逆に外壁塗装を怠るとどのような症状が起きると思いますか?実は外壁塗装を怠ると住宅に様々なトラブルが起きる場合があります。

  1. 外壁劣化
  2. 外壁劣化による雨漏り
  3. ひび割れ

外壁塗装を怠ると、常に雨や風、日光にさらされている外壁はどんどんと劣化してしまい、外壁のいたるところにひび割れや劣化が発生します。その状態をさらに放置しますと、外壁劣化が原因で雨漏りが発生します。

雨漏りが発生してしまうと、住宅内部に水が入ってきますので室内材の腐食やカビなどが発生し、大切な住宅の寿命を短くしてしまう原因となってしまいます。

住宅再塗装リフォームの目安

住宅再塗装リフォームの目安は、新築後10年から15年と言われています。塗装の種類などにもよりますが、一般的な塗装は10年から長くても15年ほどで再塗装が必要になります。

また、家の壁にコケやノロが生え始めたり、外壁を手でこすると白い粉がついたり、外壁が細かい傷のようなひび割れがたくさん見られる場合も再塗装の目安ということができます。

外壁塗装リフォームの費用

外壁塗装リフォームの費用は、塗料の種類や住宅の大きさによって変わってきますが、一般的な30坪程度の住宅であれば、外壁塗装の費用は45万円~100万円ほどとなっています。

この価格差は保証の有無や塗料の種類による価格差です。

また、外壁塗装とは別に屋根塗装もありますが外壁塗装をする際に一緒に屋根塗装もすることをおすすめします。大抵の塗装業者は外壁+屋根塗装のセットの方が価格が割引されることが多く、セットで約60万~120万ほどとなっています。

外壁張り替えリフォーム

外壁塗装ではなく、外壁を張り替える方法もあります。

この方法は、外壁の劣化がひどく塗装では対処できない場合に用いるリフォーム方法となります。外壁張り替えには細かく分けると2種類の方法があります。

  1. 張り替え
  2. 重ね張り

外壁張り替えとは、現在ついている外壁をいったんはがし、新たな外壁材を取り付けていくリフォーム方法となります。メリットとしては、外壁を新品に取り換えることができますので、見た目はもちろん耐久性も向上します。

張り替えのデメリットは廃材が多く出ることです。現在取り付けられている外壁材はゴミとなってしまいますので、処分費用なども発生します。

外壁の重ね張りとは、現在ついている外壁材の上から新たな外壁を重ねて取り付ける方法となります。外見を美しくすることはもちろん、耐久性も向上します。

また、重ね張りの場合は廃材が出ませんので処分費用などが発生しなくなっています。しかし、外壁塗装と比べると工事期間が長く大掛かりなリフォームとなるため人件費なども高騰する場合が多くなっています。

外壁の張り替え相場は、約170万~300万円となっており、外壁重ね張りの費用は、約110万~200万円となっています。

外壁リフォームは早めに検討が必要

外壁リフォームをあまり重要視されていない方が多く感じますが、住宅リフォームの中でも非常に重要なのが外壁塗装です。外壁塗装を怠ると先ほども言いましたように、外壁劣化による雨漏り等の原因にもなります。

雨漏りは住宅劣化を速めてしまい、大切な家の寿命が短くなってしまいます。

そのようなトラブルを避けるためにも、10年に1度。遅くとも15年に1度は外壁再塗装の検討をするように心がけることが重要となります。

外壁リフォームは無料でできる?

皆さんは火災保険にご加入されていますでしょうか?実は外壁のリフォームは火災保険にて、保険適用でリフォームできる場合があるのをご存知ですか?

火災保険は「火災・水災・風災・水濡れ・破損・雪災・落雷・破裂・爆発・汚損・盗難」に保険適用となっています。

外壁の劣化は、大雨による風災や台風による風災によっておこる場合もあります。このような場合は火災保険に加入していれば、外壁を保険でリフォームすることが可能になる場合があります。(保険適用が認められればリフォームは無料!)

火災保険にまだご加入でない方は、住宅の万が一のトラブルに備えて加入を検討してみてはいかがでしょうか?