太陽光パネルのメリット・デメリット

太陽光パネル

皆さんは話題の太陽光パネルをご存知ですか?太陽光パネルはソーラーパネルとも呼ばれ、板状のパネルから太陽の光を吸収し電気を作り出す優れた発電装置となります。

こちらでは太陽光パネルのメリットとデメリットについて解説します。

太陽光パネルについて

太陽光パネル(ソーラーパネル)の活用方法は、一般住宅の屋根の上や空き地の有効利用や農地と併用しての活用方法があります。これまでスペースを持て余していた屋根や空き地を活用し、太陽光パネルの設備を設置することにより発電した電気を売電したりご自身の自宅で生活電気をして使用することが可能になります。

では太陽光パネル(ソーラーパネル)を住宅の屋根や空き地に設置し有効有効活用するにあたり、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

太陽光パネル(ソーラーパネル)のメリット

1.電気料金を節約できる

一般住宅の屋根や庭の空いている場所に太陽光パネルを設置した際のメリットは、電気料金の節約をできることです。パネルを何枚設置するかにもよりますが、太陽の光で発電した電気を住宅の電気として使用できるため電気料金の節約が可能になります。

2.余った電気を売却できる

自宅で発電された電気を使い切らなかった場合は電気会社に売電(電気を売る)することも可能となります。

3.環境に優しい

太陽光パネルは二酸化炭素や有害物質を排出せずに、石油系燃料等も必要せず電気を発電することができるので環境にも非常に優しい点もメリットといえます。

4.いろいろな場所に設置できる

メーカーや施工会社にもよりますが、補償もついているため安心して取り付けることが可能になっています。また、屋根や空き地と狭い土地や斜面など比較的どのような場所にも設置できる点も最大のメリットとなります。

最初の施工費以外に多少のメンテナンス費はかかりますが、細かいメンテナンスを必要とせず画期的に電気を作り出してくれるので非常に有効活用できる商品です。

太陽光パネル(ソーラーパネル)のデメリット

1.発電量が不安定

太陽光パネルのデメリットとして発電量が不安定ということが挙げられます。太陽の光で発電していますので、雨や不天候が長く続くと発電量が少なくなってしまいます。また、夜間等の太陽の出ていない時間帯も発電は不可能となりますので日中の晴れている日以外は発電が不安定になってしまう点がデメリットといえます。

2.汚れに弱い

強風や砂ほこりなど太陽光パネルに汚れが大量に付着した場合も多発電量低下の原因となっていしまします。水道水等で清掃をするとパネル表面にカルキがついてしまうこともあり、表面に日光を妨げる障害があると発電量に支障をきたすので、清掃をする際にはご自身でされるより専門業者を呼んでの清掃が好ましいといえます。

3.設置費用が高い

太陽光パネルの最大のデメリットは施工費用になります。太陽光パネルの初期費用は安いとは言えませんし、取り付ければ少なからずメンテナンスが必要となりますので、取り付け施工費用とメンテナンス料がかかることはデメリットとなります。

また、補助金の打ち切り2014年3月で補助金制度が廃止となったため、これもデメリットといえます。

保証期間内であれば幸いですが、災害(台風や大雨)などで太陽光パネルが破損する可能性もあります。このように太陽光パネルにはメリットも多くありますがデメリットもあります。

太陽光パネル(ソーラーパネル)を検討中の方は、このようなメリット・デメリットの両方をしっかりと把握したうえで考えてみてください。

太陽光パネルの構造

太陽光パネルの構造をご紹介します。外見的には一見屋根や空き地に架台(土台)にパネルが置いてあるだけのように見えます。しかし、太陽光パネルの取り付けはこのようになっています。

屋根・空き地とうにパネルを取り付ける土台を設置し、その上にしっかりと太陽光パネルを設置していきます。次に配線でインバーダーにつなぎインバーダーから配電盤につなぎさらに電力量計へとつなげ最後に電線へとつながれます。

住宅内の電気は配電盤から送電されてきています。また、オプションで太陽光パネルで発電された電気を蓄えておく蓄電池などの取り付けも行えます。

パネルの寿命年数は約20年から30年ほどといわれており、インバーダーは約10年から15年に一度メンテナンスが必要になることが多くなっています。

このように複雑で素人にはわかりずらい構造になっていることから、取り付けを検討されている方は各業者と十分相談し、メリット・デメリットをしっかりとご自分で把握しておくことが重要となります。