火災保険でリフォーム?

245685

皆さんは住宅のリフォームを検討中の際にチラシやインターネットの広告で火災保険でリフォームできますといった情報を目にしたことはありませんか?

しかし実は、火災保険で修理や補修をすることは可能でもリフォームすることは不可能です。リフォームと修理・補修は全く別のこととお考え下さい。具体的な違いをここでご紹介致します。

リフォームと修理・補修の違い

リフォームを補修の違いをご紹介します。

リフォームとは?

リフォームとは現状でも使えるものを古くなってきたので自分の好きなように、使いやすいように変えることを言います。例えばお風呂をもっと広くしたいやトイレに手すりをつけたいや壁紙が汚れたから綺麗にしたいといったことはすべてリフォームに当たります。

ではどのようなことが修理・補修と言うのでしょうか?

修理・補修とは?

修理・補修とは、今あるものが壊れてしまい使えなくなってしまった原因のみを直すことを言います。例えば、台風が来て大きな飛来物が外壁に直撃し穴が開いてしまった場合、外壁をすべて交換するのではなく穴のみを直すことは修理・補修に当たります。

リフォームと修理・補修の違いを屋根で例えてみましょう。

屋根の瓦が1枚落ちてしまったからこの際瓦を全部取り替えよう→リフォームになります。
屋根の瓦が1枚落ちてしまったので1枚だけ元通りに直そう→修理・補修になります。

このようにリフォームと修理・補修は一見似たように見えてまったく別の工事方法だということになります。

火災保険でリフォームはできません。しかし、火災保険に加入していればこのような修理・補修は可能になる可能性があるのです。ではどういった時に火災保険で修理・補修が可能になるのかご存じですか?火災保険は火災の時のみの保険ではないことをここで知ってください。

火災保険で対応できる可能性がある修理・補修

火災保険でも保険適用で修理・補修できる事例とできない事例があります。今回は、火災保険適用のできる事例をご紹介致します。

突風・強風・台風・豪雨・洪水などの自然災害

このような自然災害は場合にもよりますが、火災保険が適用になる事例です。例えば、突風や強風で住宅の屋根や瓦などが飛ばされてしまった場合や、台風の強い雨風で予期せぬ雨漏りが発生してしまった場合や加入している火災保険の種類にもよりますが、洪水などの水害も保険適用になる可能性があります。

火災保険はあくまで原状回復のみ

火災保険が適用された場合も、火災保険でできることは原状回復までとなっています。現状回復は災害が起き、壊れる前の状態に戻すことです。先ほども例えを載せましたが、強風で壁に穴が開いてしまった場合は穴のみを元の状態に戻すことを修理・補修・現状回復と言います。

火災保険の適用かは鑑定士が行う

自然災害での住宅の破損や補償金額の決定は、保険会社と契約している鑑定士が実際に調査し行ないます。鑑定士はどのような状況でどのように破損などが発生したのかを鑑定する高度な技術を持っています。

鑑定士の判断を基準に補償の範囲や金額の設定を細かく行っていきます。

火災保険は優れた保険

火災保険はサービス名を見ると一見火災にしか対応していないように見えますが、実際は様々な補償を含んだ保険となります。特に近年の日本は局地的な豪雨や台風などおおくの自然災害で住宅や建物が破損しています。

局地的豪雨や台風は自分の住んでいる地域には絶対に来ないという保証はありません。しかし火災保険に入っていれば万が一の時に保険で住宅を修理することもできますし、何より急な自然災害による住宅のトラブルに安心して対処することができます。